【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


意味がわかると怖い話

【意味怖】時代

ある老人がいた。 その老人は今の薄汚れた時代を嫌っていた。 「今の時代、人は人を思いやる気持ちを忘れている。ワシが子供だったころは、おやつにとうもろこしやイモを食べ、ベーゴマで遊んだりして裕福じゃなかったがとても幸せだった。あの頃にもどりた…

【意味怖】夜の散歩

僕の趣味は夜の散歩。 今日もゆっくり歩き続ける。 街灯もない夜道は真っ暗でほとんど何も見えないけれど毎日歩いている道だし真っ暗にも慣れたので平気だ。 ふと見上げると窓から少女が顔を覗かせている。 明るい部屋の逆光で顔がよく見えない。 僕が手を振…

【意味怖】マンション

僕はお金を貯めて、景色が絶景の高級マンションの最上階に引っ越した。 このマンションには子どもが多いらしく、毎日、赤ちゃんの泣き声や子どもの走り回る音が上から聞こえてくる。 そろそろ引っ越そうかな…。 【解説】

【意味怖】弟

とある一家のはなし。 その一家は父、母、姉、弟の四人家族。 ある日を境に弟は部屋から一歩も出なくなりました。 父は 「また彼女と喧嘩したんだろう、大丈夫だ、そのうち出てくる」 と言い、さほど心配していませんでした。 しかし、どれだけ待っても弟は…

【意味怖】授業

授業中、僕はぼんやり外の景色を眺めるのが好きだった。 帰ったら何して遊ぼうかとか、どこか遠くに行きたいとか、いろんなことを思いながら、窓の外ばかり見てた。 午後の授業なんかだと、ついつい寝ちゃうこともある。 隣の女子校で体育をやってたりすると…

【意味怖】電動車椅子のおばあさん

私の1つ年上のYさんが中学生だったときの話です。 夢の中で、Yさんは何故か一人で地下鉄のホームにいました。 ホームで人が行き交う中、目を引いたのが、電動車椅子に乗った高齢のお婆さん。 そのお婆さんの電動車椅子は脚がとても長くて未来のハイテク型み…

【意味怖】漢字の読みがあやふやな娘

娘「ママ~ ニンニク食べていい」 母「ニンニクなんて大人の食べ物じゃない」 娘「ねぇお願いママ~」 母「分かったわ良いわよ食べなさい」 娘「有り難うママ!」 夫が帰宅すると娘が出迎えてくれるのと同時に倒れてる妻を見つけた。 【解説】

【意味怖】カレーをつくった

7がつ5にち きょう、はじめてかていかをならった。 ケンちゃんは「かていかはおんなのかもく!」といってせんせいにおこられた。 せんせいは「いまはだんしもさいほうやおりょうりができないといけないじだい」といった。 はじめてのじゅぎょうはおりょう…

【意味怖】ステーキになります

店員「大変長らくお待たせいたしました。こちらがステーキになります」 ぼく「えっ」 店員「ご注文の方はステーキで宜しかったでしょうか?」 ぼく「はい」 店員「でしたら、こちらがステーキになります」 ぼく「まだ生きているって事ですか?」 店員「何が…

【意味怖】手を焼いてる

今日は海へ足を運んだ。 昨日は山へ足を運んだ。 さて、明日はどこへ行こうか。 俺は頭をかかえた。 すると後ろから声が、 「手を焼いてるんですか?」 俺は愛想笑いをしながら 「どうも」 と答えた。 【解説】

【意味怖】自動販売機

あー、暑い…… ここ最近の気温は異常だよ…… 1時間程度外にいるだけで熱射病になるんじゃないか? あー、喉が渇く…… お、ちょうどいい所に自販機が。 冷たい飲み物でも買おう。 えーっと……コーラでいいかな。 『ピッ』 …… あれ、落ちてこない? 売切れてたのか…

【意味怖】宝の地図

ある日の朝。 男3人組が歩いていた。 『おい、お前ら!一回しか言わないからよく聞けよ!実は、宝の地図拾ったんだ!』 最初は信じてなかったんだが話を聞いているうちに現実味を帯びてきた。 『ほれ、これだよ!この暗号を解かなければいけないんだってさ!…

【意味怖】ランニング

私はいつものようにランニングをしていました。 ですが、今日はいつもと違い周りの人やすれちがった人など何故か私の顔を見ていました。 私は私を見ていた一人の男性に聞きました。 「私の顔に何かついてますか?」 男性は答えました。 「何もついていないで…

【意味怖】個室の会社

私はこの会社に勤め始めてから3日になる。 社員募集の看板を見て、入社したのだが、すんなりと面接も通った。 社員は非常に少ない。 私を入れて6人らしいが私以外の社員に私はまだ会っていない。 この会社は個室で仕事をするため部屋には独りでいる。 その静…

【意味怖】シャンプーを買いに行った母

僕は脱衣場で服を脱ぎ、風呂に入った。 するとシャンプーがない事に気が付いた。 僕は母に 「シャンプー買ってきて」 と頼んだ。 母は急いで準備をし、買いにいった。 ───15分後… ───30分後… 1時間経っても母は帰ってこない。 僕は遅いなぁと思いながら部屋…

【意味怖】マンションの霊

最近噂になっているのだが、ここのマンションは幽霊がでるらしい。 ここの管理者から聞いた話によると、あるときは古い倉庫で女の悲鳴が聞こえたり またあるときは立ち入り禁止の屋上で血痕を見たとか またまたあるときはもうすでに使われていないトイレで水…

【意味怖】駄文乱舞だ

「お飲みものです」 飲み物が置かれる。 俺は旧友の女友達と喫茶店にいた。 友人「もう結婚して娘もいるけど私って恋なんかわかんない子なの。ずっと前にお医者さんに見てもらったら恋愛に関する部分が死んでいる遺伝子がほとんどらしいの。最近知ったんだけ…

【意味怖】流されて辿り着いた島

A『あぁー最悪だー(>_<)なんで俺たちがこんな目に…』 B『やめてよーさっきから最悪最悪言われるとこっちまで萎えてくるじゃん(-_-#)』 C『ケンカはやめろよっ!!そんなことしてる場合じゃねーだろっ』 などの会話がここに流されてからずっと続いていた。 社員…

【意味怖】気配

夏空の下、日課のジョギングに励む。 はぁ…疲れた。 ちょっとベンチで一休み。 ふと気配を感じ、右を見た。 誰もいなかった。 でもやはり気配を感じる… すばやく二度右を見てみた。 誰もいない。 どうしても気になる…右が気になる。 最後に念の為…もう一度見…

【意味怖】後悔

いかがですか? まあまあですね カラシが効きすぎていて辛いよ ラー油も入ってるんだ むかつくほど辛い 辛いですか? えーん辛いよ~ 二度と食べませんよ いかがでしたか? 苦しい よしのやの牛丼を食べれば治るよ あなたは本を縦に読んだ事がありますか? …

【意味怖】8月20日

今日は8月20日。 まだまだ暑い日が続いている。 僕は仕事を終えて帰宅した。 コンビニで買ってきた弁当で晩飯を済ませた時のことだ。 ───何かがおかしい。 僕しかいないはずの部屋に何かいるような気がする。 ずっと狙われているような気が… 間違いない、奴だ。 くそ…

【意味怖】残業の結末

『はぁーもうこんな時間か…』 気づいたら夜中になっていた。 オフィスには自分だけで、小声でも響くくらい静かだ。 やっとこの時間になり夕方から上書き上書きで進めてきた会議用資料を作り終えた。 ファイルを保存し時計を見ると2時をまわっていた。 この時…

【意味怖】猫

先日飼っている猫が赤ちゃんを産みました。 でもお金があまりなかったため、友達にあげる事にしました。 そして数日経った時友達に、猫はどうだった?と聞くと… やっぱり赤ちゃんは柔らかくていいよ、と言った。 【解説】

【意味怖】フルコース

あぁ、まるでイチゴ大福みたい。 おいしいよね、イチゴ大幅。 真っ白でモチモチな皮に包まれた真っ赤でジューシーなイチゴ。 あぁ、たまんない。 そのあとはホルモン! 余すところなく食べ尽くそう。 〆はスープ。 残った骨を煮出す事二時間。 絶品スープの…

【意味怖】一枚上手

とある国の大富豪が、ボディガードを募集していた。 すると、2人の屈強な男が「我こそは」と名乗り出た。 けれど、採用されるのは1名だけ。 どうしたものかと考えた末、残酷な大富豪は不気味な笑みを浮かべて、おもしろ半分に候補者にこう命じた。 「そこの…

【意味怖】ハワイ

いよいよ飛行機が飛び立つ。 初めての海外旅行で胸も高鳴る。 遥か上空、雲が触れるように感じる位の距離で下を見ると美しい海が広がっていた。 太陽の光で輝く海には豆粒くらいのクルーザーが気持ち良さそうに旋回していた。 笑顔で手を振る女の子も居た。 …

【意味怖】残業後

私は、どこにでもいる普通のサラリーマン。 最近仕事が忙しく、ここ三日あまりは同僚のAと残業をする日々。 家に着くのはいつも深夜2時頃。 「いつまでこんな日々が続くのだろうか…。」 と毎日思ってる。 ある日いつものようにAと残業をし、私はAより先に帰…

【意味怖】大掃除

私は夫と結婚してもう2年経つ。 最初は幸せだったが月日が経つにつれて夫の悪い癖が判明。 その悪い癖とは、ズバリ物を片付けないことだ。 そして今日は1年に1度の大掃除!! まずは粉々になったゴミを捨て、シミのついた絨毯をクリーニングにだし、 家の外…

【意味怖】エレベーター

僕のマンションのエレベーターは中に人がいないと、中の電気が消えるようになっている。 今日も会社から帰ってきて、いつものようにエレベーターに乗った。 仕事で疲れていたせいか、電気が消えるということを忘れていて、中に入ったらびっくりして、わぁと…

【意味怖】原付

俺は真夜中に原付を走らせて家に帰ろうとしていた。 もちろん速度は法定速度の30キロ。 そういうとこはしっかり守る。 そして帰宅の道中、前の信号が赤に変わったので俺は信号の前で止まり青に変わるのを待った。 ふと時計を見るともう2時を回っていた。 そ…