【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】弟

とある一家のはなし。

 

その一家は父、母、姉、弟の四人家族。

 

ある日を境に弟は部屋から一歩も出なくなりました。

 

父は

 

「また彼女と喧嘩したんだろう、
大丈夫だ、そのうち出てくる」

 

と言い、
さほど心配していませんでした。

 

しかし、
どれだけ待っても弟はでてきません。

 

これはダメだと思い、
父が弟の部屋に入ったとたん、
失神してしまいました。

 

母は何事かと部屋に行くと、
白目を剥いて倒れてしまいました。

 

姉が不思議に思い部屋に入ると、
弟が頭を抱えて悩んでいました。

 

「な、なにしてるのっ!!」

 

姉は弟に尋ねました。

 


----「…悩んでいるんだ」

 

 

【解説】

 

続きを読む

【意味怖】授業

授業中、
僕はぼんやり外の景色を眺めるのが好きだった。

 

帰ったら何して遊ぼうかとか、
どこか遠くに行きたいとか、
いろんなことを思いながら、
窓の外ばかり見てた。

 

午後の授業なんかだと、
ついつい寝ちゃうこともある。

 

隣の女子校で体育をやってたりすると、
それはもう大変。

 

何も考えられずに
食い入るように見ちゃう。

 

はちきれそうな太もも、
のびやかな肢体、
見てるだけで鼓動が高鳴った。

 

あのコがいいとかこのコもいいとか、
もう授業中だってことなんか
完全に忘れてずっと見てた。

 

楽しかった。

 

でもそんなことしてると、
いつも必ず邪魔が入るんだ。

 


「先生、授業してください」

 

 

【解説】

 

続きを読む