【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】犯人

いつも通り仕事を終えた私は
電車のホームで帰りの電車を待っていた。

 

電車のくる音がしたので、
少し前に出た。

 

そのとき、急に後ろから突き押された。

 

ギリギリで近くの人に掴まる事ができて、助かった。

 

掴まられた人は、
私を酔っ払いだと思ったらしく、
危なかったですね、と言っていた。

 

しかし誰かが私の背中を押したのだ。

 

辺りを見回すと小柄な怪しい男がいた。

 

押された背中の位置等もピッタリな身長だったので、
その男を捕まえて、人気のない公園に連れ込んだ。

 

私「おい!何故私を押したんだ!?」

 

男「何の事ですか?」

 

私はその男に見覚えがなく、
そこもまた恐ろしかった。

 

私「何故私を殺そうとしたんだ!
とぼけるつもりか?」

 

私は男を強く掴み、脅した。

 

すると相手は白状した。

 

やはり私を殺そうとしたらしい。

 

私「お前は何故私を殺したいんだ!」

 

男「ある人に頼まれたからですよ。」

 

私「人に頼まれれば何でもするのか?」

 

男「しかし、2人に頼まれたのです。
違う場所で全く関係のないだろうと思われる人に」

 

私はその2人の名前と住所を聞いたが
やはり知らない名前だった。

 

私は次の日、その2人を訪ねた。

 

すると2人はそれぞれ同じ答えをした。

 

それは、
その2人も別の人に殺しを依頼されていたらしい。

 

しかも2人に。

 

しかもその依頼してきた2人は
やはりそれぞれ関係の無い人物らしく、
場所も時間も違う時に依頼してきたらしい。

 

探すべき人が4人に増えたので、メモをし、
次の日にその4人を探した。

 

しかしその4人もそれぞれ会いに行ったが、
答えは前者と同じだった。

 

今だに私は私を殺そうとしている犯人を見つけていない。

 

メモ帳は8冊も、
人の名前と住所で埋まっている。

 

しかし、
全ての人が私を殺そうとしている事は
おぼろげながら分かった。

 

 

【解説】

 

続きを読む

【意味怖】壁の穴

『残念ですが、この症状は千人に一人の奇病です。
回復される見込みは申し訳ありませんが、ありません。
コンタクトをされるか、
眼帯をされる方が宜しいかと思います。』

 

そうですか……
ありがとうございました。

 


病院を後にした私は、
とぼとぼと家路へ戻った。

 


異変に気付いたのは最近のことだった。

 

鏡を見る度に赤みを増す右目。

 

赤みは増すが、
これといった痛みも、
視力に違和感も無かった。

 

あまりの出来事に私は恐怖を覚え、
医者に診てもらったということだ。

 

はぁ、気が重い…。

 

まさか治らない奇病になってしまったとは。

 

取り敢えず、眼帯をして右目は隠しているが、
いつまでも眼帯をしていたら周囲から不審がられるだろう。

 

そんなことを考えていると
自宅のアパートにたどり着いた。

 

鍵をあけ、室内に入り、
ソファーに座りボーっとしていた。

 


夜7時頃、隣の住人が帰宅したようだ。

 

この部屋の壁には穴が開いていて、
隣の部屋を見ることが出来る。

 

穴が開いている時点で欠陥だが、
大家さんに言うのも面倒なので、
いつもはカレンダーをかけて穴を隠している。

 


いつからだろう、
好奇心から穴を覗いてみた所、
隣の住人に一目惚れしてしまい、
それ以来、欲望を抑えることも出来ずに
ちょくちょく穴から覗き見をしていた。

 

いつもの様に覗きをしていると、
隣の住人が穴の方へ向かってきた。

 

こんなことは初めてだ。

 

私はその場を動くことが出来ず、
ただ隣の住人の動向を見続けることしか出来なかった。

 

隣の住人と薄い壁を隔てて目が合う。

 

心臓の鼓動が早い。

 

食い入るように、
覗いていると隣の住人の目が離れ、
次の瞬間、何か尖った物が目に突き刺さる…。

 

しかし、ここで動いたら怪しまれる。

 

私は痛みに耐え、その場を動かず、
隣の住人の気配が無くなるまでそこにいた。

 

隣の住人が壁から離れた気配を感じ取ると、
私は壁から離れ、
手探りでカレンダーを元に戻した。

 

鏡を見ると左目も真ん中だけ黒くなり、
周りは赤みがかっていた…。

 

ただ、今回は痛みも視力に異常も感じられる…。

 

左側だけ真っ暗…。

 


左目。

 

左目……

 

私の左目…

 

私の左目…返して…。

 

…ねぇ、これを読んでるあなた…。

 

あなたの左目を、私にちょうだい……。

 


今日も壁の穴、
壁の隙間からあなたを見ているわ…。

 

あなたが左目で覗きに来てくれるその日まで…。

 

ふふ

 

 

【解説】

 

続きを読む