【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】腫瘍

俺は刑事をやっている。

 

ある日、不可解な事件がおきた。

 

その事件は
ある病院で一人の植物状態の患者Aさんを医師が腹を切り、
胃の一部をひきちぎり殺してしまったという事件だった。

 

私はその医師の取り調べをすることになった。

 

取り調べ中
医師はずっと俯いたままだった。

 

俯いたまま
医師は事件の経緯をはなしはじめた。

 

事件から一週間前。

 

うちに一人の患者がきた。

 

それがAさんだった。

 

その時Aさんはまだ植物状態になってはいなかった。

 

しかし、Aさんは急に発作を起こしはじめた。

 

その時病院内はバタバタしており
そのAさんの対処は看護師に任せた。

 

その時、
看護師に薬の投与をどうするかと聞かれたときに
大きな間違いを犯してしまった。

 

その間違いのせいでAさんは植物状態になった。

 

しかし、医師はそれを看護師のせいにしていた。

 

そして、その騒動から何日がたった時だった。

 

いつものように診察をしてる時に
医師にはなしかける声がした。

 

「よぉ、俺を植物状態にしてくれた医者さんよぉ」

 

医師は驚いた。

 

しかし、その声は
診察をしてる医師にしか聞こえなかった。

 

これはおかしいとおもい
内視鏡検査をしたときに驚きのものを見てしまった。

 

声が聞こえたのは胃のほうだったから
そこを重点的に見ていたら
人の顔をした腫瘍が見つかった。

 

しかし、そのことは誰にも言わなかった。

 

そして何日かたったとき
Aさんの奥さんが他の病院に移すと言いはじめた。

 

その時、医師は思った。

 

もし、移されたらまずい…

 

そして、その夜
医師はAさんの腹を切り
その人の顔をした腫瘍をひきちぎった、
と話した。

 

だから、私は

「そのひきちぎった一部はどこにやった」

ときいた。

 

そしたらまた話しはじめた。

 

その切ったときに看護師が来てしまったから
咄嗟に口に入れて飲み込んだんだ、
と話した。

 

そう話し終えたときだった。

 

「ガタッ」

 

「すいません、寝ていました」

 

そのとき私は思った。

 

「声が違う」

 

いったい誰が今まで話していたんだ……

 

 

【解説】

 

続きを読む

【意味怖】おじいちゃん

『ほらケンちゃん起きて』

 

ママの声がする……

 

目を覚ますと目の前にママの顔があった。

 

『もうこの子ったらやっと起きたわ』

 

『お前は、ほんとどこに行っても寝坊助だなぁ』

 

そういいながらパパとママは笑った。

 

『あれここどこ?』

 

『御父さん義母さんに挨拶に行くんだよ……ってさっき言っただろ』

 

『??パパママなら目の前にいるよ』

 

『ケンちゃん違う違う。
おじいちゃんおばあちゃんのところに行くのよ。
もうあなたったら子供に御父さんって言ってもわからないでしょ』

 

『あぁ確かにそうだなぁ(笑)
さて御父さんどこにいるかなぁ…』

 

『あなた……出来ちゃった婚なんて怒られないかしら…
あの人昔っからそういうの嫌いだったの』

 

ママが急に心配そうな声で言った。

 

『……大丈夫……だろ』

 

そう言ったパパの声も心配そうだった。

 

確かにママからおじいちゃんは怖い人とよく聞いていた。

 

『あっ……』

 

パパが立ち止まった。

 

パパの見てる方を見ると人影が見えた。

 

『お父さん……』

 

ママがそう言った。

 

『あれがおじいちゃん?』

 

そういえばおじいちゃんに実際に会うのは、今日が初めてだ……

 

お父さんがおじいちゃんに向かって歩き出した。

 

おじいちゃんは、畑仕事をしていた。

 

育ているのは……なんかよく解んなかった。

 

『御父さん』

 

パパが言うとおじいちゃんはこっちに振り返った。

 

『お父さん…久しぶり…』

 

おじいちゃんの顔は、ママの言ってた通り恐かった。

 

『お前ら何でここに来…………その子は…』

 

おじいちゃんがぼくを見てものすごい顔になった。

 

『えっと………私達の子供なの』

 

『どうせ来るならみんな一緒がいいと思って……これを期に報告しよ…』

 

その時おじいちゃんがパパを殴った。

 

パパは倒れこんだ。

 

『キャァァーーー』

 

ママが叫んだ。

 

『お前は本当にろくでもない奴だ』

 

そう言いながらおじいちゃんは倒れたパパを蹴とばした。

 

『止めてお父さん』

 

ママがおじいちゃんを止めようとした。

 

でもおじいちゃんはママを振り払った。

 

ママも倒れこんだ。

 

ぼくは怖くて震えてた。

 

そしておじいちゃんはぼくを見た。

 

『ひっ』

 

おじいちゃんは、ぼくを抱えた。

 

『お父さん止めて』

 

おじいちゃんはぼくを抱えたまま歩き出した。

 

何とかか抜けだそうとしけど力が強すぎて無理だった。

 

そして………崖についた。

 

怖くて声も出ない。

 

そしておじいちゃんは、ぼくに言った。

 

『お前は、この世界に必要ない』

 

そう言ってぼくを投げた。

 

『いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ』

 

ママがこっちに走ってきた。

 

でももう遅かった。

 

ぼく死んじゃうのかなぁ…

 

その時おじいちゃんが悲そうな顔をした。

 

………………………………

 

目を覚ますとぼくはベッドのうえにいた。

 

ここどこだろう……。

 

横を見ると……パパとママが青白い顔で寝ていた。

 

 

【解説】

 

続きを読む