【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】旅客機

『ガタン』 大きな揺れがして目が覚めた。 どうやら、座席に着いて耳栓をした直後に眠ってしまっていたらしい。 今の揺れから察するに、どうやら離陸は済んだらしい。 私の座席は機体中央の窓際だ。 久々の空の旅だし、ちょっと窓の外でも見てみようか。 お…

【意味怖】天使と悪魔

【天使側の視点】 ある時、私の宿主の人間がこう言った。 「人を殺してしまった………………罪を償いたい……」 あぁ、殺人だなんて、なんて馬鹿なことを。 どうやって償うのか存じませんが、きっと自首するのでしょう? ちゃんと、罪を償いましょう。 隣の悪魔が何…

【意味怖】団子屋

ウチの近所に有名な団子屋がある。 味がおいしく、値段も安く、店主の人柄もよく、大繁盛している。 この街で「団子屋はありますか」と聞いたら、必ずここを紹介されるだろう。 ある日団子を買おうとこの店に向かっている時、店の近くの電柱陰でブツブツと独…

【意味怖】難しい

先週、失踪していた女性の遺体が山で見つかった。 その子、俺の幼馴染で子供の頃から一緒に遊んでて、親友、なおかつ恋人だったんだ。 小学生の時、彼女の飼ってた犬がいなくなった時も日が暮れるまで探し続ける仲だった。 それで今朝、彼女のお母さんから …

【洒落怖】バイク

僕はものすごくビールが好きだ。 今日も家からバイクで15分の所で、友達と呑んでいた。 友達とワイワイ、ガヤガヤしてビール4杯ぐらい飲んで時間を見ると、もう朝の4時だ。 ビール4杯ぐらいでは全然酔ってない。 僕ゎお金を払って家へ帰った。 そこの信号を…

【意味怖】部屋が荒らされていた

「最悪…ちょっとミスしたくらいであそこまで怒鳴らなくても…犯人が課長だったらすぐに通報してやるのに…」 OLのA子が愚痴をこぼす。 A子は最近ストーカーに悩まされていた。 警察にも行ったが取り合ってもらえなかった。 「ほんとにうざい…」 鍵を開けて部屋…

【意味怖】案山子

冬入り少し前の夕暮れ時のこと、僕は趣味のドライブで田んぼ道を走っている時に奇妙な光景を見た。 刈り取りの終わった一つの水田に多数の案山子(かかし)が並べられているのだ。 気になった僕は近くに車を停め、その水田に向かった。 案山子の並ぶ水田の周…

【意味怖】再会できるその日が来るまで……

僕と君はいつも一緒だったね。 どこへ行くにも、何をするにも、常にそばにいたね。 楽しい時も、悲しい時も、共有してきたね。 いつまでも変わらず、ずっと一緒……そう思ってた。 だけどあの日、君は僕を置いて向こう岸に行ってしまった。 それからずっと、離…

【意味怖】自動

いやぁ、ビックリした! まさか寝呆けて線路に落ちちゃうとはね! 夜更かしはするもんじゃないね! おかげで、全身冷や汗でびっしょりだよ。 ちょっと駅のトイレで顔だけでも洗っていくか。 ってあれ、水が出ないや。 センサーが故障でもしてるのか? これだ…

【意味怖】天秤

六人の男女が集められた。 お互いに認識のない彼ら彼女ら。 目が覚めた時には巨大な秤(はかり)に乗せられていた。 三人が右側に、三人が左側の秤に。 秤の下は鮫が泳ぐ水槽が。 秤の上は外に繋がるロープが。 六人は各々考えた。 そして、考えの早かった者…

【意味怖】占い師

最近俺ん家の近くによく当たる占い師とやらがやってきた。 何でも命を司る占い師とかいう不気味な異名を持っているらしく、その人があとどのくらい長く生きられるかがわかるらしい。 俺は占いとかそういう類のものは信用しない主義だったが、この占い師は今…

【意味怖】間違い電話

私は母と新しい家に住むことになりました。 屋根裏部屋もあるしっかりした家で、一階は主に私が使い二階は母が使っていました。 ある日電話がかかってくきて 「もしもし?〇〇さんのお宅ですか?」 「いいえ!違いますけど」 と間違い電話でした。 しかし新…

【意味怖】潜入

A国とB国が戦争している。 俺はA国の潜入捜査員だ。 B国の本拠地の潜入を命じられた。 B国は大量のバズーカと大砲があるらしい。 B国の本拠地の周りは地雷原になってるらしい。 しかもB国の地雷は普通の地雷と違って金属にも反応するらしい。 スコップで回避…

【意味怖】足音

ドアを閉め、荒い息のままその場に座り込んだ。 呼吸を落ち着けて、辺りを見回す。 ここは廃校になった学校の教室。 板張りの床に埃をかぶった机と椅子がぽつぽつと点在しているのが、廊下側の窓からうっすらと射し込む月明かりで確認できる。 時刻は深夜1時…

【意味怖】最後の仕事

※前回の話と関連しています。 【意味怖】村の仕来り 未だ原因不明の部下の死から一週間が経った。 行方不明だった二人の部下の内、一人が某廃ビルのエレベーターシャフト内で死体となって発見された。 もう一人は依然として見付からず、連絡も取れない。 数…

【意味怖】村の仕来り

うちの編集長はどうかしている。 二人も同僚が行方不明になっているにも拘らず、心霊特集を続行する、と言っているのだ。 やめた方がいい、という周りの制止も聞かず、 「やるかやらないかは私が決めることだ。お前たちは記事をまとめろ」 とのことだ。 奴が…

【意味怖】置き傘

最近の天気予報はあてにならない。 今日も、一日晴れだと言ってたくせに、夕方にはこの大降りである。 駅から家まで徒歩で10分ほどあるので、普通に帰ればびしょ濡れだろう。 暗い空を見上げて溜め息をつき、ふと駅の傘立てを見た。 そこには、一本の青い水…

【意味怖】ロボットが持つ記録

『カチ……』 「記録開始。 現在時刻八時零分。 気温、湿度、気圧、全て平常。 これより、NA-016との“対話”を開始する。 NA-016、前日二十三時零分から本日七時零分までに見た情景・事象を正確に述べよ」 『パチン』 [対話を開始します。 昨夜二十三時零分、N…

【意味怖】蜘蛛

二階建、築四十年ほどのボロアパート、その二階の隅が僕の部屋だ。 この春から大学生になる僕は、学校に近いこのアパートで一人暮らしすることになった。 僕の前に住んでいたのは男女のカップルだったが、出る時は男一人だけだったらしい。 大家さんの話によ…

【意味怖】焼け落ちた山村で

布団から飛び起き、慌てて腕時計を確認する。 時計の針は10時20分を指していた。 ホッと胸を撫で下ろし、洗面所へと向かう。 身支度を整えて、宿のチェックアウトを済ませ、レンタカーで目的地へと走らせる。 なぜ僕がこんな場所にいるのか、まずはそこから…

【意味怖】廃ビル

今、自殺名所兼心霊スポットの廃ビルに来ている。 俺は某週刊誌の新米記者で、心霊スポット取材のためにここを訪れることになった。 正直な話、怖いのは大の苦手なんだが、先輩から勧められて断ることが出来なかった。 これが終わったら、もうこの手の取材は…

【意味怖】いじめ

女の子は学校で毎日ひどいイジメにあっていた。 同じクラスの女子生徒に人目につかない所に連れて行かれ周囲にわからないようにイジメられていた。 ある日その女の子は学校のトイレで自殺した。 自分で両手両足を切断して死んでいた。 死因は出血多量のよう…

【意味怖】悪ロ

高校の時クラスの女子から俺の悪口を言われているような幻聴に襲われて親に相談したら心療内科に連れてかれた。 処方された薬を飲んでも治らなくついには男子からも悪口を言われている気がしてきた。 薬効いてないじゃん。 俺死ぬのかな?と泣きながら親友に…

【意味怖】最強の暗殺拳

アナウンサー「最強の暗殺拳「北東人拳」伝承者、ゲンザブロウさんにインタビューしたいと思います」 ゲン「よろしく」 アナ「最強の拳ということですが、最強というワリには、どこで聞いても北東人拳という名はでてきませんが、どういうことなんでしょうか…

【意味怖】エレベーター

夏の人ごみってうっとうしいよな。 蒸れるし暑いし。 今日も、仕事で疲れてるとこに帰宅ラッシュの電車でダメージ受けて、うんざりしながらマンションに帰ってきたんだよ。 エレベーターを待ってたのは、おばさん、じいさん、小学生低学年くらいの男の子が2…

【意味怖】目玉

目玉が落ちた… 大きくて可愛い目だったのに… でも、もっとコロンって感じかと思ったけど、腐った柿が枝から落ちる様だった。 【解説】

【意味怖】嫉妬深い彼女

─僕の彼女は嫉妬深い─ なんとなく他の女の子を見てただけで、電話帳に女のアドレスがあっただけで、香水をつけただけでも、彼女は怒り、嘆き悲しむ。 でも僕は彼女を愛してる。 そんな嫉妬も、時にはイラつくけど、それは全部、僕の事が好きだからって証拠。…

【意味怖】10年後は逆

あるところに結婚をひかえた男女のカップルがいました。 4月9日 女「やっとこの日が来た!」男「うん!」女「私と結婚するの後悔してる?」男「全然!」女「私の好き?」男「うん♪」女「私嫌な女?」男「そんなわけないだろ!」女「私可愛い?」男「うん!」…

【意味怖】あなたは死神ですか?

真夜中。 息苦しさで目を覚ますとベッドの脇に見知らぬ黒服の男性が立っていた。 僕がびっくりして跳び起きると黒服は手でそっと制して穏やかな口調でこう話し出した。 「今日は貴方をお迎えにまいりました…つまり…そういう事です」 「あ、あなたは死神です…

【意味怖】風景写真撮ってる友人

風景写真撮ってる友人が訪ねてきた。 この間の休みに撮りに行ってきたらしく、土産と写真を持ってきた。 写真はなんか画素数がすげー高いやつで、A4なんだけどかなり緻密な写真だった。 「おおー、すげーな、よく撮れてんじゃん」 「まーな。あ、でもさ、こ…