読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】マジシャン

スポンサーリンク

俺は妻によるマジックのおかげで飯を食えている

 

かつて俺はマジシャン界の鬼才と呼ばれ、

 

現在の妻をパートナーとして世界中を飛び回っていた

 

俺達のマジックは自分達の体を使ったド派手でクレイジーなのが売りだった

 

しかしそんな俺達も今では町から町へ転々と日雇いでマジックをする

 

流浪の貧乏マジシャンにまで落ちぶれてしまった

 

俺達がマジックで失敗したのはたった一度だけだ

 

自らの手足と首を順番にバラバラにしていくとても危険なマジック

 

最初で最後のあの失敗のあとも妻はずっと一緒にいてくれる

 

そしてショーが始まる前は必ず妻とキスをする、それが俺達の合図だ

 

今日も小さなショーが始まった

 

子供騙しのトリックで驚く観客の乾いた笑い声が聴こえてくる

 

あの一度の失敗のおかげで、

 

昔できた高度なマジックの感覚を俺はどうやっても取り戻せなくなった

 

いよいよショーも終盤、最後は多少派手にしないとおひねりはもらえない

 

この時ようやく妻と一緒にステージに立つのだが、妻が俺の目を見ることは無い

 

絶対に失敗しないそのマジックで、

 

本物の刃から伝わる冷たい振動を腕に感じながらショーは幕を閉じた

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつてのマジシャンの鬼才が起こしたたった一度の失敗で手を切断してしまった。

 

その失敗により、落ちぶれてしまった語り手たち。

 

子供騙しのトリックではやはり客は満足しない。

 

そのため、

『絶対に失敗しないそのマジックで、

本物の刃から伝わる冷たい振動を腕に感じながらショーは幕を閉じた』

というのは、

ショーの最後に彼は義手をつけて登場し、

その義手を斬り落としていたということ。

 

実際に斬り落としているおり、実際にはマジックとは呼べないが、

客から本物の手を斬り落としていると認識されれば良い。

 

 

おそらく、毎回義手をつけて斬り落とされ・・・

ということを行っているのだろうが、

小さなショーであれば

正直稼ぐ額よりも義手の方が高いのではないか?

などと思ってしまうのだが・・・。

 

後々このマジックが話題になり、

大きなショーを行えることを計算しているのか?

 

この手法が慣れてきた頃に

勢い余って変なところまで切断しそうで怖いものである。