読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】親友と二人でサーフィン

意味がわかると怖い話

スポンサーリンク

私はこの港町の治安を守る警察官だ。

 

今日は休日。

 

そこでガキの頃からの親友と
二人でサーフィンに行くことになっていた。

 

私の親友は私とは違いとてつもなく優秀で、
今では会社を2~3個経営し、
どこぞの有名モデルの奥さんまでもらったすごいヤツだ。

 

だが、家にサウナやらプールやらなんでもあるにもかかわらず、

 

「波と魚だけは俺の自由にならない。だから良いんだ。」

 

なんて言って、
休日のたびにこの街の海でサーフィンや釣りを楽しむ
変わり者でもあった。

 

私は車を運転できないため、
いつも親友に送ってもらうのだが、
どうやらコイツ、サーフィンのためにわざわざ新車を買ったらしい。

 

車内にはツンと来るほどの新車の匂いが満ち溢れていた。

 

そんなこんなでビーチに着く頃にはちょうど暗がりが消え、
まさに朝!といった頃合いになっていた。

 

私と親友はボードを片手に海へと駆け出して行った。

 

そして夢中になって波に挑み、
気がつけばあっという間に夕暮れ時を迎えていた。

 

体中が日焼けし、痛いのなんの!

 

けれども、実に楽しかった。

 

もちろん今日という日のシメは焼肉だ!

 

親友が運転で飲めない以上、
ジンジャーエールで乾杯というのがちょっとワビシイが・・・。

 

まぁ仕方ない。

 

そんなこんなで海を満喫した俺達は、
またの再会を約束して帰路に着いた。

 


~翌日~

 

昨日の今日で実に悲しい事故が起きてしまった。

 

親友の奥さんが自室のサウナで
熱中症で倒れて死んでしまったらしい・・・。

 

死亡推定時刻はお昼すぎくらいらしいので、
俺達がサーフィンを楽しんでいるその最中奥さんは死んでいたということだ。

 

青天の霹靂とはまさにこの事。

 

きっと、アイツも相当ショックを受けているに違いない。

 

俺が行っても気休めにしかならないだろうが、
行かないよりマシだ。

 

俺は早速部下に頼んで、
弔いのための花を買い揃えて来てもらった。

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

語り手である警官は重度の視覚障害者。

 

そのため、運転はおろか

サーフィンも友人がいないとままならない。

 

『ビーチに着く頃にはちょうど暗がりが消え、まさに朝!』

ということから、

明るさくらいならかろうじてわかるようだ。

 

最後に花を部下に買わせているのは、

自分では花がよくわからないため。

 

 

そして、友人は

車の中に奥さんを載せ、

車内に放置することで熱中症で殺した。

 

警官であるあまり目が見えない語り手は

アリバイ工作として利用した。

 

金持ちサーファーということで、

大きい車も所有しているだろうから、

そこに奥さんを寝かせておいた。

 

睡眠薬などを飲ませていたのだろう。

 

警官が新車だと勘違いした車は新車ではなく、

奥さんが死んだ後の死臭をどうにかするために

あらかじめ消毒・消臭しておいた普段の車。

 

さらに、臭いをごまかすために

匂いの強い焼肉を食べさせている。

 

友人が

『波と魚だけは俺の自由にならない。だから良いんだ。』

と言っているのは、自分の妻や警官である語り手は

自分の思い通りになるという自惚れから来ている。

 

 

熱中症は本当に危険なので、

夏になったら毎年熱中症対策を

忘れないようにしたいものです。