読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】花売りの少女

スポンサーリンク

花売りの少女なんて、童話みたいだろ。

 

でもうちの近所に、路上で花を売ってる女の子がいるんだ。

 

まだ10歳くらいかな。

 

ランドセル背負って、
国道脇で切り花を売ってるのがけっこう可愛らしくてね。

 

あの道、峠を攻めに行く車がよく通るから、
排気ガスがすごいだろ。

 

なのに笑顔で頑張ってるんだよ。

 

聞くと、お母さんが病気だから、
少しでも家計の足しになるように、
って自分で思いついたらしいんだよ。

 

値段も格安なんで、このあいだ買ってみたんだ。

 

安いだけあって、あまりもちはよくなかったね。

 

ちょっと文句言ってみたら、
月曜日に仕入れることが多いから、
その直後なら新鮮なんだってさ。

 

子どもなのに、大変なんだろうな。

 

なんだか心配になっちゃったせいかな。

 

このところ、寝ていてうなされることが多いんだ。

 

似合わないことをするもんじゃないね。

 

今週は日曜に仕事が入ってるってのにさ。

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10歳くらいの少女で

花を売ることを自分で思いついたらしい。

 

仕入れも自分で行っているようだが…

 

10歳の少女が交渉して

花を仕入れているとは考えにくい。

 

となると、

交通事故の被害者のためにお供えされている

路上の花を勝手に拾って「仕入れ」とし、

格安で売っているのだろう。

 

『月曜日に仕入れることが多い』

ということは、

日曜日に死亡事故が多く、

そこで供えられた花を仕入れているということ?

 

そのように考えると、

『今週は日曜に仕事が入ってるってのにさ』

という語り手の言葉が危険なように思えてしまう。

 

次の被害者は語り手なのだろうか…