読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】ストーカー

スポンサーリンク

最近私なんだかストーカーにつけられているみたいなんですよ

 

この間も仕事からの帰宅途中、どうも何か気配を感じて
後ろを振り返ってみると男性と思われる人影が視界に入りまして、
その時はもう怖くて怖くて駆け足で自宅まで戻ったんですよね

 

恥ずかしながら相談できるような知り合いも身近にはいないものでして、
仕方なく街の交番にお邪魔して話を聞いてもらったんですよ

 

そうしたらそこのお巡りさんが
とても親身になって相談に乗ってくださいましてねぇ、
なんでも今日は私を自宅まで送ってくださるとのこと

 

体格の良い方ですし、
彼が一緒ならストーカー魔も襲ってきませんよね

 

割と硬派なタイプなのかな、
帰路の途中では男らしくダンマリ決め込んじゃいましてね、
私の数歩前をズシズシと先導してくださったんですよ

 

はぁ、やっと自宅につきました

 

鍵を開けて家に入るまで
ずっと見ていてくださるとのこと、
頼りになるなぁこのお巡りさん

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『私の数歩前をズシズシと先導してくださったんですよ』

 

なぜお巡りさんが語り手を先導して歩ける?

 

と、考えると

このお巡りさんがストーカーだと考えられる。

 

 

先導して歩けるということは

語り手の自宅を正確にわかるということだから。

 

しかし、

お巡りさんは地域巡回もあるため、

その地域のことは詳しいはず。

 

そして、

交番でお巡りさんと話していることから、

会話の中だったり、

もしくは何か書くものがあったりで

語り手の住所を聞き、

 

「あー、あの建物の人か」

とわかったのかもしれない。

 

そうなると、

この話は普通のことに思えてくる。

 

とはいえ、

『鍵を開けて家に入るまで
ずっと見ていてくださるとのこと』

というくらい親身になるのもおかしいとは思うけれども…

 

 

仮にこのお巡りさんがストーカーだとしたら、

もしかしたらストーカー対策と言って許可を得て

堂々とストーカー行為をするかもしれない。

 

ただ、それで語り手は

「なんて良い人なんだろう!」

と思って恋が芽生えたら…

 

それはそれで幸せなことなのかもしれない。