読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】世界で2番目に好き

意味がわかると怖い話

スポンサーリンク

「母子家庭の私をいじめるB子よ、死ね!」

 

A子は、B子の藁人形に五寸釘を打ちつけながら呪った。

 

次の日、B子は高校の屋上から落ちて死んでしまった。

 

「どういうこと?なんだか怖い…」

 

「もう一人殺したいのがC子よ!」

 

A子は、C子の藁人形に五寸釘を打ちつけながら呪った。

 

次の日、C子はホームから線路に転落して轢死してしまった。

 

「偶然?それとも…」

 

「もし、私に不思議な力があるのなら、
最後にもう一人殺したい人がいるの…。母親よ。
私の大好きな家庭教師のX先生に色目を使って誘惑する気持ち悪い女。
あの女さえいなければ、私はX先生と幸せに暮らせるのに!」

 

A子は、母親の藁人形に五寸釘を打ちつけながら呪った。

 

しかし、次の日、学校から帰ると、母は生きていた。

 

「そうよね、私にそんな力があるわけないわ…」

 


X先生「今度の週末は先生が泊まりに来るからね。
合宿勉強だよ。お母さんの許可は取ったから。」

 

A子「ねぇ、先生。私のこと好き?」

 

X先生「ああ、大好きだよ。世界で2番目にね。」

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『今度の週末は先生が泊まりに来るからね。

合宿勉強だよ。お母さんの許可は取ったから』

A子は母子家庭で

X先生が泊まりに来るということは、

X先生はA子の母親と結婚するつもりでいるかもしれない。

 

したがって、

X先生が一番好きなのはA子の母親。

 

X先生は

A子やA子の母親のためになりたいと、

A子の望み通りにB子とC子を殺した。

 

しかし、最愛のA子の母親を殺すことはできなかった。

 

逆に週末泊まって

A子を殺すつもりなのだろう。

 

 

それにしても・・・

B子に対する気持ちはわからないではないものの、

色目を使っているだけの母親を殺そうとするとか、

このA子はかなり問題ある気がする。

 

母子家庭なのに・・・

 

そして、

B子にはいじめられていたようだが、

C子には一体何をされたのだろうか?

 

なんだかどうでも良さそうな呪ったのではないかと考えてしまう。

 

そのくらいA子が暴走しているように見えて怖い。

 

X先生の

『ああ、大好きだよ。世界で2番目にね』

という言葉を受けて、

A子は自らの手で殺してしまうのではないだろうか…?

と思ってしまうほどである。

 

恋という感情は時として怖いものである。