読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】人格

スポンサーリンク

「解離性多重人格ですか!?」

 

私達の研究所で
クローン人間を作る依頼をある機関から受けたのだが
それが理由だった。

 

要は

「クローン人間にその人から生まれた別人格を切り離して植えつける」

ということだ。

 

初の試みなので、皆緊張している。

 

患者はベッドの上で眠らされている。

 

別人格の切り離しまで後95%・・・。

 

とうとう100%に達し別人格は患者のクローンに移った。

 

そして別人格は違う研究所に送られ研究対象となることに。

 

「これからもこの症状のときはこの方法が使えますね」

 

皆、精神医療の進歩を喜んだが・・・。

 

現実は甘くはなかった。

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『現実は甘くはなかった』

別人格を切り離すはずが

多重人格者が二人になった。

 

つまり、本人も治らず、

クローン人間まで多重人格になってしまった。

 

って、別人格を切り離せたら

このクローン人間はどうしていたんだろう?

 

そのまま普通に生活をさせていたのか、

それとも・・・?

 

 

現実は甘くない。

 

とある話だが、

大学のサークルの飲み会に参加した友人は

「あの子(面識のなかった後輩)は絶対に自分のことが好きだ!次会ったら告白する!」

と意気込んでいた。

 

そして、言葉通り次に会った時、

つまり2回目の顔合わせで告白していた。

 

その結果は"当然"玉砕。

 

話を聞いている感じだと

ただ単に距離が近い人であり、

さらに友人は先輩の立場だったのだから、

色々と良くしてもらってもおかしくはない。

 

だから、告白を暗にやめさせようとしたが

「あの子は絶対に自分のことが好きだ!」なんて自信を持たれていては

「が、頑張って・・・」と言わざるを得なかった。

 

実際告白は上手くいくかもしれないのだから、

私に止める権利なんてもちろんない。

 

しかし・・・

結果は玉砕なのだから

やはり現実はそこまで甘くなかったということで・・・。

 

なんて出来事を思い出してしまった。

 

世の中なかなか思い通りにいきませんなぁ・・・

 

とか書いたけれども、

この話をその友人に見られるのは正直ちょっと怖い。