読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】人々を苦しめる女

スポンサーリンク

私はこの時を待っていた。

 

あの女が無防備で一人でマンションから出てくるこの時を・・・。

 

何人の人々があの女の罠に陥り
絶望的な生き地獄を味わっているか・・。

 

しかし、もう人々が苦しむことは無いのだ

 

私がこの手でカタをつける!

 


「警部、あの女しぶとくて動機を何もはきません」

 

「そうか、被害者の女優だが犯人に怨みでも買われていたのか?」

 

「いえ『この世の不気味な話』というオムニバスホラードラマでデビューした女優で
確か役柄が『苦しんでいる人々に甘い話を持ちかけて生きたまま臓器を奪う』
組織の女の役です」

 


私は人々を苦しめるあの女をとうとう・・・・。

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

語り手はドラマの役柄と現実の区別がつかず、

『苦しんでいる人々に甘い話を持ちかけて生きたまま臓器を奪う』

役柄を演じた女優を殺した。

 

とはいっても、本当にこのような人間性だったとしても

女優を殺す権利はないわけで…

 

どちらにしても殺人罪を問われてしまうのだが。

 

 

それにしても、

『あの女しぶとくて動機を何もはきません』

と言っているが、

本当に犯人は女なのだろうか?

 

警部が

『被害者の女優だが犯人に怨みでも買われていたのか?』

と聞いているにも関わらず、

急に役柄の説明をし始めている。

 

普通に考えてそのようなことが怨みになるとは考えないだろう。

 

となると、この説明している人が

犯人ではないだろうか…?

などと思ってしまう。