読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】何か言ったか?

スポンサーリンク

夜、友人が突然うちを尋ねてきた。

 

様子がおかしい。

 

目は虚ろで、手にはナイフを持っている。

 

そしてうつむき加減でブツブツと何かを言っている。

 

「ごめん、ごめん……」

 

「ど、どうしたんだよ!?」

 

「金が、必要で、どうしても……」

 

「お、落ち着けよ!」

 

「もしも、金のために友達を殺しても、神様は俺を許してくれるよな……」

 

「そんなわけないだろ!どんな理由でも、人を殺したら神様は許してくれねえよ!」

 

「……うん、うん、そうだな。きっとそうだよな。」

 

「そうだよ!金のために人を殺しても、幸せにはなれねえよ。」

 

「やってみよう。勇気を出して。」

 

「よかった!分かってくれたんだな!」

 

「ああ、神様……ありがとう!俺に一歩を踏み出す勇気をくれて!」

 

「俺で良かったら力になるよ。なあ、まず何があったのか話してくれよ。」

 

俺はそう言って、友人の肩を叩いた。

 

すると友人は、ハッとした様子で俺の顔を見て、言った

 

「……何か言ったか?」

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『目は虚ろで、手にはナイフを持っている。
そしてうつむき加減でブツブツと何かを言っている。』

という状態や

最後の言葉である

『……何か言ったか?』

から友人は語り手の言葉を全く聞いていないことがわかる。

 

となると、友人の言葉はただの独り言であり、

 

「ごめん、ごめん……

金が、必要で、どうしても……

もしも、金のために友達を殺しても、神様は俺を許してくれるよな……

……うん、うん、そうだな。きっとそうだよな。

やってみよう。勇気を出して。

ああ、神様……ありがとう!俺に一歩を踏み出す勇気をくれて!」

 

となる。

 

つまり、友人は語り手を殺し

金を奪い取るために語り手の家に来て、

語り手の目の前で『一歩を踏み出す勇気』を

神様から貰っていた。

 

 

ただ、語り手と友人の会話自体も

噛み合っていない部分があるので

語り手も気が付いて良さそうな感じだが…。

 

友人は神様と話していたことになるが、

『ごめん、ごめん……』

と神様に言っているとか…

 

神様とフレンドリーな関係なのだろうか。

 

突然語り手の家に来て、

語り手の目の前でこうやってブツブツと言うくらいだから、

友人は完全に壊れてしまって、

神様も何もない状態なのだろうが…