【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】階段の音

私と姉の2人で一軒家に暮らしている。

 

お互い働いていて、
用事がないとき大抵はそれぞれ二階の自分達の部屋でのんびりしている。

 

姉の方が出勤時間が早い。

 

そのため今日も姉が玄関の戸を閉める音で目が覚めた。

 

私もそろそろ起きて
1階のリビングに向かおうと考えてたとき、
階段の音がした。

 

なにか忘れ物でもしたのかな?

 

 

【解説】

 

続きを読む

【意味怖】足が痛い

『ナースさんよぉ、
隣の奴どうにかしてくれねーか?
足が痛い足が痛いって、
昨日の夜からずっとだぜ。
おかげで全然眠れやしねぇ』

 

私『分かりました。
ちょっと待ってて下さいね』

 

私は隣のベッドのカーテンを開けた。

 

私『どうかしましたかぁ?』

 

『足が痛いんです。
でも、首が固定されていて
足の具合が分からないんです。
自分の足、そんなに酷いケガなんでしょうか?』

 

私はその患者さんの足元に目をやり、
足をさすってあげるフリをしてあげた。

 

『ああ、大分楽になった気がします。
ありがとう』

 

たまにいるのよね、
こんな患者さん。

 

 

【解説】

 

続きを読む