読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】錆びない体

スポンサーリンク

「錆びない体」は女性の憧れ、
有る研究をしている化学者の下に一人の女優が訪れた。

 

白衣の男が出迎える

 

「これはこれは、お待ちしておりました」
「挨拶はいいから例の物を頂戴!」

 

白衣の男は小瓶に入った一つのカプセルを手渡した。

 

「これで錆びない身体になれますよ」
「本当ね!」

 

彼女の必死な形相に反して
男は冷静な表情でこう聞き返した。

 

「本当にいいんですね、錆びない身体で」
「当たり前でしょ!」

 

帰る女優を見て男は終始無表情だった。

 

翌日、自宅で女優が死んでいるのが発見された。

 

「殺しか!?」
「それがおかしいんですよ」

 

「なにが?」
「変死としか言い様がないんです、
体中の酸素が不足しているどころか全くないんです、
しかも静脈はともかく動脈の血も黒く変色しているんです」

 

ニュースを見た化学者は言った

 

「人には錆びてなければいけないところもあるんですよ」

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錆びない⇒酸化しない⇒酸素がない

つまり、化学者は酸素がなくなる薬を渡した。

 

鉄が錆びるのは酸素と結びつくからであり、

血液の中のヘモグロビンも酸素と結びつくとこの現象が起きる。

※ヘモグロビンはヘム鉄とグロビン(たんぱく質)から構成されている

 

ヘモグロビンは

酸素を取り込む(酸化)と鮮やかな赤色になるが、

酸素を送り終える(還元する)とドス黒い赤色に変わる。

 

そのため、酸素がなくなった女性の身体は

『しかも静脈はともかく動脈の血も黒く変色しているんです』

と、全ての血が黒く変色してしまった。

※酸化した血(鮮やかな赤色)は動脈を、還元した血(ドス黒い赤色)は静脈を流れています

 

 

「錆びない身体にしろ」といったため

酸素がなくなる薬を渡した化学者だが

人は酸素がなければ生きていけないわけで…

 

「老化しないためにもにできる限り酸素をとらないようにしよう!」

とか言っていた人がいたけれども、

あの人はどうなったのかな…

とふと思ってしまった。