読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】錬金術

スポンサーリンク

錬金術、つまりは
「金じゃないものを金にする」

 

しかしゲームやアニメ漫画のように
ファンタジックなものじゃない。

 

ある少女が
錬金術に成功した老人がいると聞いて
会いに行った。

 

「動物の種族により内臓が様々な金属に変わる!」
「どういった事に?」

 

「魚類=鉛
爬虫類・両生類=銅
鳥類=銀だ!」

「じゃあ哺乳類が!?」

 

「うむ、今は猿で実験をしている」

 

錬金術師は特殊な薬液に内臓を浸し
その内臓をすりつぶして熱して水分を蒸発させると
金属の粉が出来るといった。

 

薬液のことを聞いてももちろん教えてはもらえなかった、
帰ろうとすると錬金術師の弟子に呼び止められた

 

「あれは俺が液の中に金属片を入れているんだ」
「!?なんでそんなこと」

 

「師匠の機嫌をとるためさご機嫌なら孫娘と一緒になれる」
「じゃあ、薬液は?」

 

「あれはただの酸だよ、あの中に金属を溶かすんだ」
「でも金は・・」

 

「ああ、王水でないと溶けないし金がかかる、まぁまだ銀だな」

 

少女はやめたほうがいいと忠告した、
このままだと恐ろしいことが起きる気がしたからだ。

 

予感は当たった、
錬金術師は捕らえられ、
弟子は発狂して自殺した。

 

「やめたほうがいいといったのに、
やっぱり錬金なんて無理なんだ」

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錬金術師は人を酸の中に入れて溶かした。

 

『弟子は発狂して自殺した』

ということから、

孫娘で試したと思われる。

 

弟子はおそらく

「俺が師匠の機嫌をとるために金属片を入れていたことで

色々な動物を試すようになり、

結果人にまで行きついてしまった。

俺がそんなことをしなければ孫娘はまだ…

俺が孫娘を殺してしまったようなものだ!」

などと考えながら発狂して自殺してしまったのだろう。

 

弟子は

『ああ、王水でないと溶けないし金がかかる、まぁまだ銀だな』

と言っている。

 

そのため、

おそらく猿にも銀を使ったのだろう。

 

そこで錬金術師は

「猿で銀であれば進化した人間であれば

金になるかもしれない」

などと考えたのかもしれない。

 

その結果、孫娘が犠牲になってしまった。

 

 

…金を手に入れるために孫娘に手をかけた錬金術師。

 

仮にこれが成功して金となったら

色々な人を金に変えていくつもりだったのだろうか?

 

孫娘にまで手をかけているのだから、

きっとそう考えていたのだろう…

 

もう善悪がつかず、

錬金術を成功されることしか頭になかったと思われる。

 

もはや手を付けられない状態になっていそうだ。