読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】目撃者

スポンサーリンク

警官「年配の女性が道路脇で死亡していて、
そばにグシャグシャになったママチャリが倒れてたってことは、轢き逃げか…。
目撃した高校生ですね。話を聞かせてください。
雨の中、女性がママチャリに乗っていて、そこに車が走って来て…。」

 

男子「雨の中、前見えない。ママチャリを轢いた。」

 

警官「なるほど、そのときは大雨か。
で、視界が悪い中、車がママチャリを轢いて逃げたと…。」

 

男子「車をいない。ビックリした。女性で倒れている。
まだ、生きてる。大変だを思って慌てた。」

 

警官「…ん?日本語がおかしいなぁ…。あの~、外国の方ですか?」

 

男子「○○国からを留学生へ○○です。日本を来て、まだ3ヶ月です。」

 

警官「え~と、まぁ、分かるからいいか。○○国からの留学生で3ヶ月ね。
で、そのとき女性はまだ生きてたんですね。」

 

男子「その時へまだ生きてました。僕でどうしていいかに分からなくて…。」

 

警官「どうしていいかが分からなくて…。
まぁ、119番とか110番だけど、まだ知らないか…。で、どうしたんですか?」

 

男子「傘をさして歩いて帰りました。」

 

警官「最後は普通に喋るんか~い!!」

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

留学生は助詞の使い方を間違えている。

 

『雨の中、前見えない。ママチャリを轢いた』

⇒ 「ママチャリで轢いた」

 

『傘をさして歩いて帰りました』

⇒ 「傘で刺して」

 

大雨の中、

ママチャリに乗った留学生が

歩いていた女性を轢いた。

 

その轢いた女性はまだ生きていたみたいなので、

傘で刺して立ち去った。

 

 

ママチャリで轢いた後に

生きていたからと傘で刺したとか…

 

『大変だを思って慌てた』

『僕でどうしていいかに分からなくて…』

 

どうしたら良いかわからなくなってパニックになり、

「殺してしまえば大丈夫!」

とでも思ったのだろうか…

 

でも、警官が来てしまったため

全てを話そうと思ったのに言葉が通じず、

犯人だと思われていない現状。

 

これからこの留学生はどうなるのだろうか?

 

 

それにしても、

ママチャリで轢いた後に傘で刺した状態が

車で轢いた状態に見えるのだろうか?

と思ったが、

 

『そばにグシャグシャになったママチャリが倒れてた』

 

ママチャリがグシャグシャになるくらいの衝突であれば、

車で轢いた状態に見えてしまうかもしれない。

 

ママチャリがグシャグシャになるくらいのスピードで走っていたとか

どんだけだ…

 

しかも、大雨の中。

 

事故を起こすのも当然である。