読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】べ~ちゃん

意味がわかると怖い話

スポンサーリンク

A子「あんた!
ネットで知り合った『ベ~ちゃん』とかいう女と浮気してるでしょ!
携帯見たのよ。今日、会うんでしょ!」

 

男B「バレてたのかよ。ああそうだよ。
でもな、彼女の方が本命、お前とは遊びなんだよ。
俺には女の絶対条件があるんだよ。
清楚で、声が綺麗で、知的で…。
それに、音楽の趣味が合う人。
俺がストリートミュージシャンやってたって言ったら、
彼女も5年くらい前まで路上ライブやってたって。
昔の歌手の知識も豊富で、俺の知らないことを教えてくれるんだ。」

 

A子「その女、何歳なの?」

 

男B「2度目の28歳とか言ってたから、29歳だな。
毎月ちゃんと収入があるって言ってたから、今はOLだ。
もちろん、独身で子供もいない。
彼氏いない暦が10年以上で、好きな人もいないらしいんだ。」

 

A子「それ本当なの?だいたいさ、『ベ~ちゃん』って何?」

 

男B「今はやりのキラキラネームさ。
『ベージュちゃん』略して『ベ~ちゃん』だよ。
親の好きな色がベージュなんじゃないか?
俺もベージュ大好きだから、これも奇跡の一致なんだよ。
それから、俺、眼鏡っ子フェチだろ?
彼女、眼鏡をかけると目が大きくなって凄っごい可愛いって言われるらしいんだ。
もう、何から何まで理想的で、まさに運命の女なんだよ。」

 

A子「でも、LINEや電話だけで、直接会ったこと無いんでしょ?」

 

男B「だから、今日、初めて会うんだよ。
もし、本当に俺の理想の女だったら、
結婚を前提に付き合ってくださいって告るつもりさ。」

 

A子「なによ!私との関係はどうなるのよ!
嫌だ!絶対に行かせない!絶対に行かせない!」

 

男B「お前と結婚するとか言ったこと無いだろ!
おい、放せよ!放せってば!
うっとうしいんだよ、お前はよ!放せっ!!」

 

A子「きゃ~!」(どんっ!ごんっ!!)

 

男B「あっ、A子!A子…。…やばい、死んでる…。急いで逃げなきゃ。
…いや、ダメだ。逃げても捕まる。自首するしかないか…。
でも、その前に、ベ~ちゃんに、今日は会えないって伝えなきゃ…。」

 


男B「(ポチッ)もしもし、ベ~ちゃん?
ごめん。今日、会えなくなった。
急な仕事で海外に行かなきゃいけなくなってさ。
10年以上は帰って来れないんだ…。
…、ねぇ、ベ~ちゃん、俺のこと待っててくれる?」

 

女性「はいっ、ずっとお待ちしてます。」

 

彼女が待っててくれるなら、何があっても耐えられる…。

 

男Bは、覚悟を決めて、自首するために110番に電話した。

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベージュちゃんのベージュは米寿のことであり、

本名ではない。

 

つまり、88歳。

 

2度目の28歳というのは、

還暦を超えての28歳ということ。

 

なので、語り手が言っている29歳という認識は間違い。

 

そして、

『彼女も5年くらい前まで路上ライブやってた』

と言っているが、

路上ライブじゃなくて、路上ライフ。

 

つまり、路上生活者だったが、

今は、施設に入って生活保護の収入がある。

 

OLとして収入を得ているわけではない。

 

眼鏡をかけると目が大きく見えるのは、老眼鏡だから。

 

 

それにしても、

最後に「ベ~ちゃん」に電話しているようだが、

声で気づかないのだろうか?

 

恋は盲目だから声に気づくことはない?

 

それにしても、10年以上も待たされたら

「ベ~ちゃん」はどうなってしまうのだろうか…

 

待ち続けた結果、

もうこの世からいなくなってしまうことも

十分にありえる。

 

仮に待ち続けて会ったとしても、

男Bは発狂しそうである。

 

男Bが発狂すると

待ち続けた「ベ~ちゃん」もかわいそうである…。

 

 

それにしても、

ネット上で知り合った人を好きになり、

実際に付き合っている人と別れるケースは

意外と周りで何件かあったりする。

 

ネット上だけだと

それほど相手が魅力的に見えるということなのだろうか…?

 

ちなみに実際に会ってみて、

100年の恋も冷めることが多いようだ。

 

きちんと結婚までいったのは

ほんの一握りである…。

 

大抵はネット恋愛をしたことに後悔していたのだが、

そういう人に限って懲りずにネットで相手を見つけようとするのだから

不思議なものである。