読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】枕投げ

意味がわかると怖い話

スポンサーリンク

男A「君たちのような美人に逆ナンされて、3人で楽しむことが出来て、最高の夜だよ。」

 

B子「実はね、私たち、A君のこと、昔から知ってるの。
私たちも同じ○○小学校だったのよ。」

 

男A「えっ?本当?
ごめん。10年以上前だよね。全然覚えてないよ。」

 

C子「いいのよ。
私たちは2人ともチビでデブで暗かったから目立たなかったの。
でも、A君はあの頃から格好良くてスポーツ万能で成績も良くて優しくて…。
みんなの憧れだったのよ。
実は、A君が私たちの初恋の相手なの。
だから、今日は、偶然じゃなくて、知ってて逆ナンしたの。」

 

男A「そうだったのか…。
でも、2人とも最高に素敵な女性になってるよ。
だからさ、ほらっ、もう一回…。」

 

B子「もぉ~、A君のH!それっ!」

 

男A「おいっ、いきなり枕を投げるなよぉ。
じゃあ、俺の枕を、えいっ!」

 

C子「ちょっとぉ、何、2人でイチャイチャしてんのぉ~。
私の枕も、えいっ!」

 

3人「きゃははは」「あははっ」「うふふふふ」

 

楽しく枕投げをしながら、
Aは妙に懐かしく修学旅行を思い出していた。

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校とはいえ、

修学旅行の部屋割りは男女別のはずである。

 

『Aは妙に懐かしく修学旅行を思い出していた』

ということは、

男AはB子、C子と枕投げをした経験があると思われる。

 

となると、B子、C子共に元男性である。

 

ただそうなると、

『私たちは2人ともチビでデブで暗かったから目立たなかったの』

という言葉とは合わないような…

 

 

それよりも気になるのは

『3人「きゃははは」「あははっ」「うふふふふ」』

男Aがこんな声を出しているかと思うと…

 

元男性に囲まれて

男Aまでそちらの道に歩みかけているのか?