読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】ミミズ研究所

意味がわかると怖い話

スポンサーリンク

ママ「は~い、ママ特製の健康茶よ~。」

 

三郎「ねぇママ。パパが所長をやってるミミズ研究所って、
何の研究してんの?」

 

ママ「ミミズってね、体を2つに切っても、それぞれが成長して生き続けるでしょ。
再生医療って言ってね、たとえば、人間の体を切っても、
それぞれが再生して生きていけたら凄いでしょ?そういう研究なのよ。」

 

三郎「ふ~ん、人を幸せにする研究ってこと?」

 

ママ「そうよ。もう再生物質の抽出にもマウス実験にも成功してるの。
でもね、人間への応用は焦っちゃダメみたい。
5年後か10年後か…。
あなたは大切な長男なんだから、将来はパパの研究所を継いでくれる?」

 

三郎「うん、僕、頑張る!」

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『三郎』

と言う名前なのに

『大切な長男』

 

三郎が長男になってはいけない…とは言わないが、

おそらく、上に二人の兄がいたと思われる。

 

そして、その二人の兄は再生医療の人体実験にて

死んでしまった。

 

『5年後か10年後か…』

三郎には再生物質入りの健康茶を数年間飲ませ続けてから

人体実験をするつもりである。

 

三郎は長男と言われて不思議に思っていないため、

兄がいたことは知らないのだろう。

 

となると、もしかしたら三郎の知らないところで

他の弟たちがいるかもしれない…

 

人体実験に使うために…