読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】耳

スポンサーリンク

昔のとある寺で・・。

 

和尚「これ、何をしておるのだ?」

 

坊主「すみません、耳が痒くて耳掃除を・・・」

 

和尚「全く・・!?しまった!
お堂におるあやつの耳をかいていなかった
ワシとしたことが!」

 

和尚はあわててお堂にかけていった・・・。

 

坊主「人の耳掃除は怒るのに・・・」

 

うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

 

和尚の悲鳴が響き渡った。

 


坊主「まさかこいつがこんなことになっていたなんて」

 

和尚が悲しそうにつぶやいた。

 

和尚「命は取り留めたが一生この姿で・・・ワシが耳をかいていれば」

 

お堂の内部は血だらけだった・・。

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ワシが耳をかいていれば』

これは

「耳を掻く」

ではなく、

「耳を書く」

 

つまり、

「耳の部分にお経を書く」

ということ。

 

「耳なし芳一」のお話ですな。

 

耳の部分だけ書き忘れたので、

耳を持っていかれてしまい大惨事に。

 

 

ただ、

『ワシが耳をかいていれば』

って今回の話を

「書く」ではなく「掻く」と判断させたかったからなんだろうけど、

「耳を書く」だと別の意味になってしまうような・・・。