読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】画期的な薬

スポンサーリンク

ある化学者が画期的な薬を作り出した。

 

それは「麻薬・覚醒剤の類を浄化する」薬で、
脳の活性化も促す。

 

その効能の凄さに医学や化学に携わるものは、
この薬の処方箋や原料を知りたがったが
化学者は一切そのことは外部に漏らさなかった。

 


「先生、原料が来ました」

 

「ご苦労、血清と同じなんだよ、様は」

 

「そう、ヘビの毒を受けたものが身体で抗体を作るように」

 

「それを考えれば原料なんて簡単に分かるはずなんだがな」

 

「でも、それをいったら・・・・」

 

「そうだな」

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会話の流れを考えると、

「麻薬中毒者の血液」

を利用しているのだろう。

 

大量の血液が必要だろうが、

そこまで麻薬中毒者がいるわけでもない。

 

となると、麻薬中毒者を殺して血液を採取しているか、

拷問のようにずっと血を抜いているのかもしれない。

 

ずっと血を抜かれていると考えると

正直ゾッとしてしまう。

 

 

ただ、ヘビの抗毒血清を作る場合は

別の動物から作るようだ。

 

馬や羊、ヤギなど。

 

とはいえ、科学者は外部に漏らさないし、

原料を想像して少し引いているところを見ると、

やはり非道徳的なこと、

麻薬中毒者から血液を採取していると思って良いだろう。