読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】人気のない路地裏にて

スポンサーリンク

夜遅く、人気のない路地裏を通ると一人の男が立っていた。

 

近づいてみると、

 

体中血だらけで手にはべっとりと血が付いた包丁が握られていた。

 

俺は恐怖のあまり体が硬直して動けなくなった。

 

その男は目をひん剥きながら、俺の方を指差して、

 

「う…う…うぅ………」

 

それはまるで何かの呪いでもかけるのかような不気味さを放っていた。

 

だが少しホッとした部分もあった。

 

その場を動かずに、

 

うーうー言ってる分にはこちらに危害はないからだ。

 

そう思い、後ずさりしようとした瞬間、俺は意識を失った。

 

「…………………ろ」

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血が付いた包丁を握った血だらけの男の言葉

『う…う…うぅ………』
『…………………ろ』

 

これは「うしろ」と言っている。

 

包丁を握った男は被害者で、

犯人は語り手の後ろにいた。

 

殺害現場を見られたと思ったのか、

犯人は語り手の首を絞めるなどして

語り手を殺すことにした。

 

そのため、

『俺は意識を失った』