読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】蓮コラ

スポンサーリンク

「蓮コラ」
要はブツブツだらけの見るだけで痒くなる絵である。
(中にはこれを好む作家もいる)

 

私の友人はこれが大嫌いで滑らかな「大理石」など
ツルツルしたものにしか興味を示さない。

 

自分が風疹にかかったときに
こういった状態になったことがトラウマになった。

 

友人はその後バイオ科学技術に進路を進めて
さまざまなウィルスを治す薬を手に入れてきた。

 

ある意味ウィルスの電子顕微鏡で見たものも蓮コラかもしれない。

 

ところが友人が何かを顕微鏡で見て青ざめた・・・。

 

その後彼は特殊な機械を作り・・・・。

 

友人と連絡が取れないというので
私は友人の研究所に行ってみると・・・。

 

あの機械から微粒子とも言える粉のようなもの、
そしてゼリー状のもの

 

最後に奇妙な臭いのする液体と友人の服が出てきた。

 

私は・・・・声が出なかった。

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人が見たものは自分の細胞。

 

一番身近な自分の体がブツブツだったため耐えられなくなり、

「細胞を粉々にする機械」を作って自らその中に入った。

 

粉のようなものは「細胞の破片」

ゼリー状のものは「原形質」

奇妙な臭いのする液体は「血液中の血しょうや細胞内の液胞からであt液体」

 

つまり、友人は自分の身体を細胞レベルでばらばらに分解して

ブツブツを綺麗に消した。

 

その代償に命を失ってしまった。

 

 

死んででもブツブツを解消したいと思う友人が恐ろしいが、

そこまで徹底できているのは尊敬してしまう部分でもあるのだが…。