読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】ご近所

意味がわかると怖い話

スポンサーリンク

私が越してきたご近所は皆親切なのだが・・・。

 

最近何者かがペンキを壁にぶつけたり石を投げたりする。

 

ご近所の人たちは「犯人は見ていないよ」と言った・・・。

 

叔父に頼んできてもらうことにした。

 


叔父と一緒に紅茶を飲む「そろそろかしら・・」

 

私がカーテンを開けると窓の外に信じられない光景があった。

 


「有難う、叔父様がいなかったら私も・・」

 

「いえ、これも私の仕事ですよ」

 

前にもこの家を借りた妊婦さんが殺されたという事件を知っていなかったら
私も危なかっただろう。

 

庭にこの家の最初の持ち主の裏帳簿があることを叔父が見つけてくれなければ。

 

ただこのあたり過疎になっちゃったわね。

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ただこのあたり過疎になっちゃったわね』

つまり、ご近所全員が犯人で

みんな捕まってしまった。

 

語り手の叔父は刑事で語り手が見つけた裏帳簿を受け取って、

刑事を姪の語り手の家の周りに張らせていた。

 

 

ご近所関係の結束力が強すぎるところだと

「外から来た人はよそ者!」

と言って、みんなで追い出そうとするところは

現実にもあるのだろうか?

 

今回のように殺されたという事件まではなくとも、

影で追い出そうとしている場所はありそうである…