読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】空家でかくれんぼ

スポンサーリンク

取り返しのつかないことに気付いて、本当に後悔した。

 

学校に行く途中、秘密基地にしていた空家が取り壊されてるのを見た。

 


僕はよくこの空家でかくれんぼをして遊ぶ。

 

昨日もやったばかりなのに・・・。

 

少し悲しくなって僕は言った。

 

「もう、いいよ・・・」

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登場人物は「僕」とかくれんぼをしていた友人。

 

前半部が友人、

後半分が「僕」

 

『もういいよ・・・』は友人に見つけてもらえなくて

諦めて呟いた言葉。

 

『昨日もやったばかりなのに・・・』

『取り返しのつかないことに気付いて、本当に後悔した。
学校に行く途中、秘密基地にしていた空家が取り壊されてるのを見た』

 

昨日もやったばかりなのに、

学校に行く途中(朝)に取り壊されていたということは、

かくれんぼをしているときに取り壊しが始まった可能性が高い。

 

となると、友人は取り壊しに気づき

「僕」を置いてそのまま逃げたが、

「僕」はそのまま隠れ続けていた。

 

友人に見つけてもらえず、

取り壊しに気付いた時にはすでに遅くて、

「もういいよ・・・」と諦めた。

 

なので、『僕』はこの取り壊しにより

すでに死んでしまっている?

 

 

そして、友人は空家が取り壊されているのを見て後悔しているが、

そこに「『僕』がその場にい続けた証拠」を見つけてしまったのではないだろうか…?

 

「きっと『僕』も取り壊しに気付いて逃げているはずだよね」

と思うようにしていたものの、

『僕』は逃げることができなかった。

 

きちんと見つけて一緒に逃げることで

こんなことは起こらなかったのではないかと…