読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】世界の終わり

スポンサーリンク

まだ昭和の時代の話である。

 

友人が落ち込んでいるのを見て、
小西くんは声をかけたのだという。

 

斉藤くんは普段は陽気な冗談ばかり言う子で、
高校のクラスでもムードメーカー的存在だった。

 

その彼が落ち込むなんて珍しい。

 

「30年後に巨大隕石が地球に衝突して、世界が終わるんだ」

 

重いため息とともに、斉藤くんはそう言った。

 

「なんで、そんなことがわかる?」

 

「俺には予知能力があるから」

 

小西くんがしばらくジッと見つめていると、
斉藤くんはいきなりゲラゲラと笑い出した。

 

「ちょっと、ビビッただろ、今?」

 

「そんなわけないだろ!」

 

背中をばしっと平手打ちしてやると、
「いてーな」と笑うその顔は、
いつものひょうきんな斉藤くんのものだった。

 

「でももし世界が終わるとしたら、小西はなにをする?」

 

「おまえはどうするんだよ?」

 

「わかんないなぁ。とりあえず、平成になってからの話だから、まだまだ時間あるしな」

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある予知能力のお話。

 

なぜ昭和の時代なのに

『平成』という元号を知っていた?

 

ということで、

斉藤くんは本当に予知能力を持っている。

 

昭和のいつかはわからないけれど、

昭和の時代で30年後となると

今平成28年なのでほぼほぼ過ぎていそうである。

 

「世界が終わる」的な話はよくあるが、

なんだかんだで何事もなく過ぎていく。

 

喜ばしいことではあるが、

予言などというのには心が踊らされてしまうため、

たまには当たってほしいと思ってしまうところもある。

 

世界が終わってしまっては困るので、

極力小規模のものを願うが…

そうなると、予言として大きく取り上げられないだろうから

難しいものである。