読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】だってパパのためだもん

意味がわかると怖い話

スポンサーリンク

最近、ここ2ヶ月ぐらいか

 

毎朝起きて朝食を取りにテーブルに着くと新聞の朝刊が置いてある

 

私が起きる前にわざわざ取りに行ってくれているのか

 

今朝になって想像していたら少し嬉しくなり妻にお礼を言った

 

「あ、それね。あたしじゃなくてあの娘が毎朝取りに行ってくれているのよ」

 

「え?わざわざ1階の新聞受けにまで行ってかい?」

 

「そうよ」

 

ちょっとまて、だってうちは32階だぞ・・・!

 

娘に何をやらせてるんだ!・・・と一瞬思ったが、ふと考えた

 

あ、エレベーターがあるじゃないか

 

なにを焦っているんだ私は

 

「あの娘も幼稚園に通い始めたばかりで興奮してるのか朝が早いのよ・・・どうしたの?」

 

「ううん、この歳で新聞取ってきてくれるだなんて少しできる子なんじゃないか?」

 

私は冗談を言い、笑ってごまかした

 

玄関から娘の声がする

 

「パパ!はやくいこ!」

 

さて、仕事に行くがてら娘を幼稚園に送っていくとするか

 

娘の真新しい制服が輝かしい

 

エレベーターに乗りながら私の小さなかわいい娘にお礼を言った

 

「いつも新聞取ってきてくれてるんだってな、ありがとう」

 

「うん!だってパパのためだもん!」

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下に行く場合はまだしも

1階が下に配置されているため

子供でも押すことができる。

 

しかし、高層階になると上に配置されているため、

子供は押すことができない。

 

32階なので果たして子供に押すことができたのか?

 

普通に

下りはエレベーターで、

上りは階段で32階まで頑張っているのか?

 

しかし、そうなるとおそらく帰りが遅くて

お母さんが心配するはずである。

 

となると、階段で32階まで頑張っているとは考えづらい。

 

 

最近のエレベーターには横にも低めのボタンが置いてあるので、

それを利用して上りのボタンを押している可能性がある。

 

ただ、語り手がふと

『娘に何をやらせてるんだ!・・・と一瞬思ったが、ふと考えた』

『なにを焦っているんだ私は』

と言っている。

 

確かにエレベーターの存在を忘れていただけかもしれないが、

もしかしたら変な違和感を感じていたのかもしれない。

 

無意識に

「どうやってエレベーターのボタンを押すんだろう」と。

 

となると、エレベーターのボタンは

入口のところにしかない可能性がある。

 

 

他に理由を考えてみると、

時間帯が朝なため、

同じく新聞を取りにくるなど、

一緒に上へ行く人がいたということ。

 

ただ、これだけだと面白くない。

 

娘の朝が早い理由を

『あの娘も幼稚園に通い始めたばかりで興奮してるのか朝が早いのよ』

としているが、新聞の朝刊が置いてあるのは

『ここ2ヶ月ぐらい』

である。

 

通い始めた興奮にしては長すぎないだろうか?

 

もしかしたら娘の言葉

『うん!だってパパのためだもん!』

というのは、偽りの言葉だったのではないだろうか…?

 

『パパのため』と言いつつ、実は

「朝のエレベーターで一緒になる人に恋をしてしまった」

とか…。

 

そのため、興奮してどうしても会いたくて朝が早くなっている?

 

『うん!だってパパのためだもん!』という言葉が

偽りの言葉であれば、

将来小悪魔になる可能性があるし、

実際にエレベーターで一緒になる人に恋をしていたのであれば、

何か問題が起きた時が恐ろしい。

 

果たしてこの娘は

今後どのように育っていくのか

気になるところである。