読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】ストーカーからの手紙

スポンサーリンク

1週間ほど前から、どうやらストーカーに遭っているらしい。

 

仕事から帰ると、部屋の郵便受けに毎日手紙が入っている。

 

手紙と言っても小さな紙切れで、いつも一言だけしか書いていない。

 


最初に見たのは「おかえり。」だった。

 

2日目には「喋りたいな。」っていうのが入ってた。

 

3日目は「いま暇してる?」、4日目は「連絡ください。」だった。

 

5日目は「逃げられないよ。」と、だんだんエスカレートしてきた。

 

6日目は「いつなら会える?」7日目「まだ気づいてくれないの?」

 

さすがに怖くなって、警察に連絡しようか悩んだ。

 

でも8日目の今日「すみませんでした。もう手紙は入れません。」っていうのが入ってた。

 


結構マジで怖かったが、これで安心だと思う。

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

『おかえり。』

『喋りたいな。』

『今何してる?』

『連絡ください。』

『逃げられないよ。』

『いつなら会える?』

『まだ気づいてくれないの?』

『すみませんでした。もう手紙は入れません。』

 

これらの一文字目を読むと、

 

「おしいれにいます」

『押入れにいます』

 

となる。

 

手紙にどこまで意味があったのかわからないが、

『まだ気づいてくれないの?』

というものが、

「もう押入れにいるのは限界です…早く気づいてください…」

という意味だったらちょっと面白いと思ってしまった。

 

いや、ストーカーで押入れにいる時点で、

勘弁してほしいが…。

 

『すみませんでした。もう手紙は入れません。』

は諦めたわけではなく、

文章が完成したからもう手紙を送る必要がなくなった。

 

つまり…これから押入れから出て、

姿を見せる、ということだろう…。

 

語り手さん、早く逃げてーーー!!