読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【意味怖】意味がわかると怖い話まとめ

【意味怖】意味がわかると怖い話を読んで頭の体操を!捉え方は人それぞれであり、答えは一つであるとは言えません。解説も答えではなく、一つの捉え方。あなたがどう捉えたかを教えていただけると幸いです。


【意味怖】サツキとメイへ

スポンサーリンク

先日病院のお母さんに

 

トトロに会ったことを書いて手紙を送りました。

 

そしたらすぐにお返しの手紙が来ました。

 

本当にすぐに来たんです!

 

かなり急いだのかところどころ字がまちがってます。

 

 

サツキとメイへ

 

『お手紙読みました。

 

とってもすできですね。

 

今日は体のぐめいが悪くてお散歩にいけません。

 

薄暗い病院に要ると気が滅入っちゃう

 

はやくげ源気にならなくちゃ

 

またおて神書きます

 

 

 

いつのまにか五時前です

 

サツキ、メイをよろしくお願いね』

 

 

 

おかあさんったらどうしたのかしら。

 

いっぱい字をまちがえてるわ。

 

お手紙はゆっくり丁寧に書けって

 

いつも言ってたのに。

 

あらこんな時間にだれかしら?

 

 

【解説】

 

 

 

 

 

 

 

 

『いつのまにか五時前です』

 

『五時前』は「誤字前」ということ。

 

つまり、

 

『とってもすできですね。』

×すでき ○すてき

「す」

 

『今日は体のぐめいが悪くてお散歩にいけません。』

×体のぐめい ○体のぐあい

「ぐ」

 

『薄暗い病院に要ると気が滅入っちゃう』

×病院に要ると ○病院に居ると

「に」

 

『はやくげ源気にならなくちゃ』

×はやくげ源気に ○はやく元気に

「げ」

 

『またおて神書きます』

×おて神 ○おてがみ

「て」

 

繋げて読むと

「すぐにげて」となる。

 

最後の文章で

『あらこんな時間にだれかしら?』

とあるが、トトロが来たのだろうか?

 

一体何をしに…?

 

暗号を用いて出さなければいけなかった理由が

少し気になってしまうところである。

 

すぐに逃げて欲しい状況にも関わらず、

暗号で出さなければいけない状況。

 

おかあさんの傍にもすでに何者かがいたのだろうか…?